キャンペーン
【購入期間終了しました】バイタミックス 購入の方に冷凍フルーツ6種プレゼントキャンペーン

期間限定、Vitamixの対象商品を購入し、メーカーページからの応募で、冷凍フルーツをプレゼント。野生に近い自然農法で育ったフルーツを、旬の時期に収穫し、マイナス35度で急速冷凍。鮮度、おいしさ、栄養素をそのままパックにしてお届けします。凍らせたまま「Vitamix」で攪拌すれば、忙しい朝のスムージー作りに重宝します。

続きを読む
家電読み物
【使用レポート】Sonyの新登場「ながら聴き」ワイヤレスヘッドセット 実機レビュー

こんにちは!ノジマオンラインでオーディオ製品を担当している【エリカ様】です。

今回は、新感覚の”ながら聴き”イヤホン Float Run(WI-OE610)を紹介します!

※私は右脳で生きているタイプの女のため、直感や視覚などのフィーリング重視なレビューとなっております。

色とデザインには特にうるさいです。好きな色は赤・青・紫(原色ラブ)









■ながら聴きイヤホン?

イヤホンの種類には大きく「有線イヤホン」と「ワイヤレスイヤホン」があります。



軽くてケーブルが邪魔にならない「完全ワイヤレスイヤホン」は、

快適さに衝撃が走り、みるみる普及しました。



それから早数年…

今やノイズキャンセリング搭載、小型化も当たり前となってきましたが

コロナ禍を経た今のトレンドは【ながら聴き】!

◆家事をしながら…

◆仕事をしながら…

◆散歩をしながら…

と、日常的に音楽を取り入れる生活が浸透してきました。



コロナ禍の需要から、骨の振動で音を聴く【骨伝導イヤホン】がAfterShokzブランドの製品を筆頭にブームとなり、街中や電車の中でもつけている方をよく見かけるようになりました。



ソニーは骨伝導は出しておりません。

今回ご紹介するソニーのFloat Runは、骨伝導ではなく開放型(オープンイヤー)

耳の前にスピーカーが浮くタイプとなっており、

骨伝導イヤホン使用時に感じる、耳の周りの骨が振動するあの独特な感じもなく、快適な装着感となっています。



■さっそく試してみます













本体やケーブル以外にも、持ち運び用のポーチがついています。







ちょっと特殊な形状ではあるので、ポーチがあるのはうれしいですね。

ファンにはうれしい?SONYのロゴ入りでっせ。



色はブラックのみとなっています、定番で外れのないモノトーンですが、

運動に使うならもうちょっと派手な色があってもいいなぁと思いました。

エリカ様的にはビビットな色合いも欲しい、物足りない!



実際に装着してみるとこんな感じです。

キレイなポニーテールにうっとり♡(撮影協力:冷洗担当あんぱん氏)





冷蔵庫/洗濯機

担当

あんぱん

エリカ様に呼び出されて、装着してみたよ♪











これは女性に多い悩みになりますが、

首掛けのデザインの物は髪の毛を結んでいないと

もさついたり邪魔になってしまうことが多いですが、

FloatRunは首にかかる部分に余裕があるので、

髪の毛をおろしていても問題なく装着できました。

運動しているときでも邪魔にならないデザインです。







初めてこの商品を見たとき、不思議な形だなと思ったのですが(特に耳元の部分)

装着するときも、あれ?どうやってつけるんだ?ん?とあんぱん氏と共に四苦八苦。

慣れてくればどうってことないですが、最初は戸惑うかな。



でもそんな方のために!

箱のパッケージには装着の仕方が絵で載っているので、慣れるまではこれを見て覚えましょう!







■気になるポイント(1)音質は?音漏れは?

個人の感想になりますが、どうしても、骨伝導イヤホン=音質はちょっと…なイメージ。



その点この製品は耳の前にスピーカーがあり、そこから音を伝えるデザインなので、音質も申し分なし!

16mmドライバーも搭載していて、厚みある低音域から、透明感ある高音域にいたるまで、バランスの良い高音質が楽しめます。

会議や商談の使用でも、音がクリアによく聞こえていたので、ストレスなく使用できました。



気になる音漏れについては…

正直に言うと、音漏れはします。耳の前にスピーカーが置いてあるようなものなので、これは避けられないですね。

電車など、近い距離にいたり、静かな場所ではどうしても聞こえてしまいますが、運動中や、ある程度の距離を保っている状態であれば、シャカシャカ鳴って周りの迷惑に…と言うことはないレベルの音漏れでした。(もちろん音量を上げすぎれば、その分音漏れ率もアップします)



よくエレベーターや電車内などで、何の曲かわかるレベルで音漏れしてる人いますが、耳の状態が心配になってしまいますよね。



■気になるポイント(2)耳痛くならない?

私が耳に掛けるタイプのイヤホンを使用するときに一番気になるのが、耳痛くならない?のポイント。

どうしても耳に引っ掛ける部分が長時間使用していると痛くなってしまう。

ながら聴きする上にあたり、耳が痛くならないかは重要な部分ですよね!



なので、これも忖度なしでお伝えすると、33gと軽量設計ではありますが、スピーカーの重みはあるので1日中つけているのは厳しいかな。

私はおもに仕事中の会議で使用しましたが(約2時間)このくらいならストレスなく使用できました。

一日中仕事で使うチャレンジは、ちょっと厳しかったです。休憩のときに外すのはマストでいきましょう。

基本席に座っているので、途中でずれることはなかったです。



ちなみに耳にかかる部分の違和感がどうしても気になる方は、同じくSonyから出ている、元祖ながら聴きイヤホン

Sony LinkBudsがおすすめです。



首掛けじゃなくて、ワイヤレスがいい!わずらわしい!と言う方には

Oladance ウェアラブルステレオ




ノイズキャンセリング機能も使いたいバランス重視の方には

Sony LinkBudsS



などもありますので、ご希望の用途に沿って選んでみてくださいね。



■気になるポイント(3)運動時に使える?







プロの陸上選手、桐生祥秀さんもおすすめのモデルと言うことで

運動時にも快適に使えるイヤホンとなっています。

肝心のエリカ様は、自他ともに認めるお家と猫大好きインドア女のため

近所をお散歩でしか使用していませんが、周りの音もちゃんと聞こえて危なくないし、まるで映画のBGMのように、日常の中で好きな音楽が流れてくるので

快適にお散歩を楽しむことができました。揺れやブレも気にならなかったです。



最後に

いかがでしたでしょうか。

コロナ禍から生まれた【ながら聴き】ブームに合わせて、各メーカーから様々な商品が発売されていますが、音質と装着感のバランスがとれた、さすがSonyさん!な製品となっております。

是非、手にとって体感してみてくださいね!



運動って大事ですよね!

いつもジムに入会しては、3日坊主となり会費だけ口座引き落としされていく、出不精エリカ様でした。



次回のレビュー記事もお楽しみに♪



■レビューした商品はこちら



SONY ソニー ヘッドホン Float Run【ワイヤレス(ネックバンド)/Bluetooth/ながら聴き/桐生祥秀選手おすすめモデル/マイク対応/最大10時間再生/ブラック】 WI-OE610

耳の周りの骨が振動しない。いい音、快適。新開発 耳の前にスピーカーが浮く、ソニーのスポーツギア



お求めはこちら

https://online.nojima.co.jp/commodity/1/4548736145818/

続きを読む
キャンペーン
【購入期間終了しました】レグザで新生活をはじめよう! 春の応援キャンペーン

TVS REGZA株式会社は2月16日(木)より、「レグザで新生活をはじめよう! 春の応援キャンペーン」と題し、2つのキャンペーンを実施します。

続きを読む
商品情報
カシオ 電子辞書 EX-word 2023年新商品

カシオの新しい電子辞書のご紹介です。

私が現役JKの頃は、電子辞書はありましたが、持ち込み禁止で本の辞書を使っていました(年代バレる)。今はこれ一台でOK!便利な時代になったものですね...!

続きを読む
キャンペーン
【購入期間終了しました】シャープ AQUOS XLEDキャッシュバックキャンペーン

期間中、対象のAQUOS+4Kレコーダーのご購入で総額最大50,000円キャッシュバック!

続きを読む
キャンペーン
【終了しました】SONY BRAVIA 4KTV ネット通販専用モデルが期間限定で最大75,900円引き!

SONY BRAVIA 4KTV ネット通販専用モデルが期間限定(3月8日まで)で最大75,900円引き!

続きを読む
キャンペーン
【終了しました】ドクターエア エクサガンハイパー REG-04BL プレゼントキャンペーン

ハッピーバレンタイン♪
今回はCMで話題のドクターエアのエクサガンハイパー ブルー【REG-04BL】を5名様にプレゼント!
応募方法をチェックしてぜひご応募くださいませ。

続きを読む
家電読み物
【使用レポート】iPadをサブモニターとして使うデバイス Astro HQ 「Luna Display HDMI/USB-C」実機レビュー

リモートワークの環境も整備されて、多彩な働き方ができるようになってきました。

自分の都合やスタイルに合わせてオフィスだけでなく、カフェやコワーキングスペースなど、働く場所を選べる反面、充実したオフィスの設備が懐かしいと思うことも出てきました。

その一つが、広い画面で効率の良い作業する環境です。

オフィスワークメインの時でも大画面ディスプレイ2画面使っていたという人は少なかったかもしれませんが、ノートパソコンが主流になり、リモートワーク向けに小型軽量化したモデルになったことで、相対的に画面が狭くなった可能性もあります。

自宅であれば、追加の外部モニターを繋いで画面を拡張する方法もありますが、オフィスや自宅、カフェなど移動しながら仕事をすることを想定すると、その環境を常に維持することは難しいです。そこで活用したいのがタブレットです。タブレットがパソコンの外部モニターとして活用できれば、いつでもどこでも画面を拡張することができます。





■iPadをセカンドディスプレイにして、お使いのパソコンをマルチディスプレイで活用!

Astro HQの「ワイヤレスディスプレイアダプター Luna Display USB-C」は、USBドングルをパソコンに装着して、パソコン、iPadのアプリをそれぞれ起動することでiPadをセカンドディスプレイにできるソリューションです。

※USB-CポートはDP Altモード(映像出力)への対応が必要になります。







使い方としては、グループウェアなどの業務で使用するスケジューラーやチャットなどのアプリを常に表示しておき、メインのディスプレイではプレゼンテーションを作ったりスプレッドシートで作業するなどがすぐに思いつきます。

クリエイティブな使い方としては、写真のレタッチ、加工などのアプリの作業画面と、パレットなどツールを置いておくサブ画面、動画のタイムラインとプレビューなどがあります。







動画を再生させるなどの画面書き換えのレスポンスが必要な作業は不向きですが、パレット操作などは、ストレスを感じるようなことはありません。

iPadの画面が精細なこともあって、思ったよりも本格的なディスプレイとして使えるなーという印象です。







さらに、対面で営業したり、プレゼンテーションを行う場合などは、iPadをプレゼン画面にして、自分のパソコンを発表者画面(次のスライドを表示したり、プレゼンのコメントを表示するモード)にすることで、スムーズなプレゼンテーション、提案が可能となります。







iPadを相手に渡せば、プレゼンを見てもらえるので、外部ディスプレイを借りたりしなくてすみます。

まだまだ対面ではパーティーションが設けられることも多いですが、ワイヤレスなのでパーティーション越しでも問題ありません。







アプリさえ入れれば自分以外のiPadで画面拡張できるのもユニークです。対面でのプレゼンテーションでは、先方のiPadにアプリを入れてもらい、自分の画面を共有できればプレゼンテーションを見せることができます。



写真や動画の編集の場合でも、プレビュー画面を確認してもらいたい人のiPadに共有することで肩を寄せ合ってデータを確認するというシチュエーションから解放されます。ソーシャルディスタンスの面からも、仕事のプレッシャー的な面でも、解放されることでしょう。 さらに、Wi-Fiの電波環境が悪いなどでワイヤレスでの共有が難しい場合には、USBケーブルで接続することで画面拡張が行えます。







LUNADISPLAYには、USB-Cで接続するモデルの他に、HDMI端子に接続するモデルもあります。こちらはWindows PCのみの対応となります。

自宅でしか使わないなら、同じ価格でモニターが買えますが、いつでも、どこでも、自分のiPadが外部モニターとして使える「LUNADISPLAY」は、ニューノーマル時代の働き方を支えるもう一つの選択肢となるでしょう。



ライタープロフィール

戸津 弘貴 :iPod Styleという音楽プレイヤーやヘッドホンなどを紹介する情報サイトを立ち上げてライターデビュー。現在は、スマートフォンやカメラなどのガジェットやアウトドア、防災関連のライターとして活動中。






■レビューした商品はこちら

Astro HQ LLC ワイヤレスディスプレイアダプター Luna Display USB-C LUNAUSBC

・USB Type-C用

・iPadをセカンドディスプレイにする

・Windows/Mac対応



お求めはこちら





Astro HQ LLC ワイヤレスディスプレイアダプター Luna Display HDMI LUNAHDMI

・HDMI用

・iPadをセカンドディスプレイにする

・Windows対応

※HDMI版はWindowsのみ対応となります



お求めはこちら




続きを読む
商品情報
2023/2/13 テレビで紹介された商品「日本テレビ ヒルナンデス!」中身が見える冷蔵庫 HR-EI35B/ツインバード

2023年2月13日に放送された、日本テレビの「ヒルナンデス!」
家電芸人の家事えもんさんがおすすめ家電を紹介するコーナーにて、
“中身が見える冷蔵庫”が紹介されました♪

当日は司会の南原清隆さんの誕生日ということもあり、
誕生日ケーキを庫内に入れて、タッチ&ビューの演出でスタジオが盛り上がりました。

紹介された商品をさっそくチェックしていきいましょう♪

続きを読む
商品情報
『キヤノン マウントアダプター EF-EOSR』週間レビューMVP発表!【2023年2月6日~2月12日分】

Canon キヤノン マウントアダプター EF-EOSRのレビューが週間レビューMVPに選ばれました。
毎週、お客様のレビューの中から特に他のお客様のご参考となるレビューをスタッフが選定し、表彰するレビューMVPの発表です。採用されましたら1週間以内に1,000ptをプレゼントいたします。

続きを読む